感謝礼拝 と 焼きいも

 

 少し前のお話しですが・・・

 さふらん幼稚園では11月の16日に

  感謝礼拝と

     焼いもを  しました。

秋の実りを神様に感謝して

   子どもたちと礼拝をしました。

この日は鶴川教会の瀬戸先生が

      お話しをしてくださいました。

 礼拝が終わったあと・・・・

 朝から準備をしていた・・・

 焼いもの時間でーす!

 ちょうど、ほっかほかに焼けた お芋が出来上がっていましたよ。

 子どもたちのおいしそうな顔!顔!顔!

 この幸せな時間も・・・

        神様に感謝。

         2010.11.16

 

朝、アルミに包んだお芋を置いて準備します。




拾ってきた落ち葉や枝と一緒に焚き火だ、落ち葉焚き!




ホールでは感謝の気持ちを込めて・・・礼拝を。牧師の先生にお話しをして頂きました。



感謝礼拝の後・・・さふらんで初めての焼き芋。夢中になって食べていました。(年少)




「すっごくおいしいよ!」(年中)




「おいしいってどんな顔?」って聞いてみたら・・こんな素敵な表情を見せてくれました。(年長)





まきの先生の体育あそび

 

 久々のご紹介になります。

 まきの先生の体育あそびがこの2週間、年中組と年長組で続けて行われましたので、ご紹介します。

 牧野先生は松本学園の体育の先生です。

 各学期に何回かさふらん幼稚園で体育指導をしてくれています。

 今回の年中組さんのテーマは

 「なわとび」  です。

 年長組さんは

 「全身を使った運動」  でした。

 まきの先生は体育に対するその豊富な知識と経験で、実にユニークで実践的な体育指導をしてくれます。
その体育指導には様々な工夫がなされています。

 子どもたちからすると・・・

 楽しく、面白く、体を動かしているうちに・・

 体が丈夫になってきた!  という感じです。

 今回もあっという間に体育あそびの時間が過ぎてしまったようです。


         2010.11.24

 

フープを使って段階を踏んで導入していきます。(年中)




「フープを跳んでみよう!」(年中)




結んだなわとびを引っ張ってフープに入るあそび。これが縄跳びに入るいい練習になるから不思議。(年中)



いよいよなわとびを持って練習「いち、にっ、さんで飛び越えてごらん。」(年中)



こちらは年長。側転の練習。これにも段階があります。



ブリッジ。全身を使います。(年長)



跳び箱もいろんな形の段階を踏んでから入っていきます。そうすることによって恐がらずに跳ぼうとすることができます。(年長)



「集中してお話しをよく聞くことも大事なんだよ。」とまきの先生


プレイデー 人形劇鑑賞会

 

 プレイデー1日めの12日
 親子での人形劇の鑑賞会は

クラス委員のお母さんたちが時間をかけ準備をしてくれました。

 人形劇はじろっぽさんによる

   「ゆかいな森の仲間たち」

 最初から笑いの絶えない楽しい人形劇でした。

 みんなで見る人形劇って・・・

お家で見るTVとは全然違う楽しさがありましたね。

 お友だちも・・・
 お家の人も・・・
 先生も・・・

   みんな一緒に笑って、楽しかったね。




         2010.11.18

 

始まりました!ワクワク、ドキドキ!




みんな笑顔!




子どもたちから手作りさふらんケーキをプレゼント




プレイデー 芸術家たち

 
 プレイデーが先週ありました。

 1日めは親子で人形劇の鑑賞会、

 2日めは園内を開放しました。

 2日間、子どもたちの作品を展示していました。

 その作品群の一部をご紹介します。

 それぞれみんな

 すばらしい芸術作品ですよね!




         2010.11.18

 

年少組さんによる「じぶんのかお」




年少観察画「だいこん」




年少組粘土制作「動物たちの運動会」



年中観察画「幼稚園のイチョウの木」




年中「自分の体」




年中制作「ももいろのきりん」




年中制作「ももいろのきりん」




年中観察画「いかとさんま」(実際に買ってきて見て描きました)




年長組経験画「夏休みの思い出」




年長粘土制作「大きくなったら・・・」




年長粘土制作「大きくなったら・・・」




年長制作「さふらんもっこうどうぶつえん」




年長観察画「チャボ」「うさぎ」「鯉」





芸術の秋

 
 またまた秋です。

 今度は芸術の秋です。

 さふらん幼稚園ではそれぞれの学年で

制作を行っています。

写真は観察画など絵ばかりありますが

粘土制作や工作、木工も行っています。

表現するよろこび

 ・・・これは誰ひとり欠けることなくみんな持っているんですね。

 上手い下手ではなく

 器用不器用でもなく

 夢中になって仕上げた作品はみんな個性的ですばらしい芸術品だと思います。

 11月13日のプレイデーではこれらの作品を展示しています。

 ぜひぜひ見に来てください。

 子どもたちは喫茶店用にケーキも作って準備しています。

 ぜひお立ち寄りくださーい。



         2010.11.5

 

掘ってきたいもを描きます(年少)




「大根の葉っぱって大きい!」(年少)




テラスから見えるイチョウの木を描きます。よく見て描いていますね。





「イカってこんなになってるんだ!」・・間近に見た時の感動をパステルで表現してみます。(年中)




池の鯉にモデルになってもらいます。(年長)




ノコギリ、かなづち、ボンドを使って動物園を。段々夢中になってきて・・真剣そのもの。(年長)




2010.11.5更新
ざくろがおいしそう

 
 秋です。

 さふらん幼稚園では木の実がいっぱい実ります。

 柿
 銀杏
 花梨
 姫林檎
 みかん

 そして・・・ざくろ

 知っている子はこの時期になると

 「先生ー、ざくろ取ってくださーい。もう赤くなってますよ!」

 と知らせに来ます。

 甘酸っぱい・・とはこの実の味のことをいっているのですね。

 子どもたちは大好きです。


         2010.11.2

 

園庭に実ったざくろをいただきます。




子どもたちは大好きです!













おいもほり

 
 少し前のことですが

 さふらんのこどもたちは

 いもほりに行ってきました。

 長ぐつをはいて・・・
 
 列を作っ歩いて畑まで出かけていきました。

 おいもを作ってくれた農家の方にごあいさつををして

 いざ、ほるぞー!

 今年は昨年よりは成りが少なかったものの

 子どもたちが持つとずっしりくるほど

 ほることができました。

 実もしっかりしまっていて

 とってもおいしかったそうですよ。

 農家の河原さん、ありがとうございました。


         2010.10.27

 

畑まで歩いて行きました。(年中)




「やったー出てきた!」




「こんなになってたよ。」




今年は土が硬く、苦労したぶんうれしい!








運動会頑張ったね!(その2)

 
 さふらんの運動会は・・・

  子どもたちの

  子どもたちによる

  子どもたちのための
  
  運動会です。


 特に年長組さんは
 色々な所で活躍します。
 先生たちと話し合いながら
 準備を進めてきました。

 ちなみに年長組さんの係の仕事は

 はじめの言葉
 体操係
 プラカード係
 道具係
 笛係
 ゴール係
 おわりの言葉


・・それぞれ分担してやっていきます。

 種目もやりながらなので年長組さんはけっこう忙しいです。

 でも・・
 だからこそ・・
 自分たちでやってる運動会!!


 って思えるんです。

 だから目の輝きが違うんですね。


         2010.10.8

 

クラスのプラカードを持つ年長さん




体操係はみんなの前でお手本を見せます。




司会も頑張ります。交代しながら・・




道具係では力を合わせて・・。




ガード係も大切な仕事です




終りの言葉はみんなで声を揃えて。






運動会頑張ったね!(その1)

 

 先週の8日、さふらん幼稚園では運動会がありました。

満3歳児クラスのさくらんぼ組さんから今年度に6歳になる年長組さんまで

しかも今回はひよこ組(未就園児)さんのダンスもカリキュラムに入って・・・

みんな本当にステキでした!

なにがステキだったかって?

子どもたちが一生懸命なんです。

その子なりに一生懸命、

自分で

  「やろう!」


 という気持になって頑張っていました。。

実際に見てみないと
分らないかもしれません。


目の輝きが違うんです。


ついこちらの目がしらが熱くなります。

子どもたちが私たちに大きな感動をくれた一日でした。


    2010.10.8



 

年少組さんも頑張って走るよ!




年中組さんはトラック半周を走ります。



かわいいダンスはさくらんぼ組(満3歳児)さん




「この帽子、なんだったかっていうとね・・・。そうです。ボクたちは海賊だったんだー!かっこいいでしょ!(年中)




年長組さんによる組体操




年長組ダンス




はらぺこあおむしにごはんをあげよう!(年少親子競技)




ハイライトは年長組のリレー。大声援がこだまします!




力を合わせて頑張った喜びはきっと忘れられない思い出になるでしょう。


運動会に向けて

 
 9月の入ってから、少しずつ運動会へ向けて準備を始めた子どもたち。

ダンスや・・

かけっこや・・

年長さんは跳び箱やマットや鉄棒を・・

 練習しています。

またダンスで使う飾りも自分たちで作っています。

楽しい気持ちで(自発的に)

力いっぱい頑張れるように(集中して)

  子どもたちのペースで準備しています。

お楽しみに・・

 当日ぜひ見に来てくださーい。

      2010.9.24
 

年長 ダンスの練習




全園児が園庭に集合。体操をします。前に立っているのは年長組の体操係。当日もみんなの前で体操の見本を見せてくれます。



「私たちは何に変身するでしょう?運動会で使うんだよ!」




「色を塗って・・・運動会楽しみ・・これ何かって?・・・
内緒ないしょ・・」(年中)


デカルコマニー(年中)と似顔絵(年長)

 
 今週の活動はどの学年も運動会の練習と先週に引き続き制作をよくやっていました。

年中組さんのデカルコマニーは楽しくて、想像力を発揮するものでした。楽しそう。


年長組さんはお互いに向き合ってモデルになり、似顔絵を描きました。

今回は鉛筆です。

「よーく見て描いてね。」と担任からアドバイスを受けました。

そして世界にふたつとない素敵な顔、かお、かおが・・。
 

まず半分に折って・・・



絵の具をポタポタと・・・



再び折ってからゆっくり開くと・・・



「うぁー!」すてきな模様!「何に見える?」



クレヨンで絵を描いて完成。鳥だったり、お花畑だったり・・・
(年中)



向かい合った子をモデルに似顔絵を描きます。(年長)





「ねぇちょっと耳どんな形か見せて!」(年長)




中学生の職場体験

 
 今週1週間、さふらんでは「中学生の職場体験」として4名の中学生を受け入れました。

 背の高い、でも大人でない中学生に、子どもたちは興味津々!

 「一緒にあそぼ!」

 どちらかというと子どもたちのほうが積極的に誘っていました。

 一週間もすればすっかり仲良し。一緒になって元気に遊んでくれました。

 子どもたちにとっても、また中学生にとっても、いい交流の時間となったのではないでしょうか。
 

おにいさん先生が一緒にサッカーをしてくれました。





おねえさん先生は折り紙を。本人たちにとっても、子どもたちにとってもとてもいい交流になりました。









それぞれの学年で

 
 年中組さんはこの前パイナップルの観察画を描いていました。
 描いている途中でとってもいいにおいがして・・

 今回のパイナップルはとてもおいしかったそうです。

 おいしいと描くことにも力が入る!?

それぞれの学年でそれぞれの活動を楽しんだ1週間でした。


           2010.9.10

パイナップルの絵を描いています。「うーん、とってもいいにおいが・・・」(年中)





描いたあとのパイナップルは特別おいしかったです。
「先生!次もおいしいもの描きたい!」





さくらんぼ(満3歳児)組はスライムを楽しみました。




年少組さんは筆で好きな絵を描きました。




年長組は今年最後のプールを楽しみました。





何をしているのかな?

 
 秋になって玄関のすぐ横の花壇にはふうせんカズラがいい色になり始めました。

 そのふうせんカズラから年少組の子どもたちが種を取りだす作業をしていました。

 普段にぎやかな子どもたちなのですが、
この時ばかりはとっても静か・・・。

 夢中になっていたんですね。

 最初はポロポロ種をこぼしていたのですが・・・
 だんだん上手になっていました。

 こういう手先を使う遊びって、子どもたちにとってとても大事なのではないかと思っています。


        2010.9.10



   

年少組の子たちがなにか一生けんめい手を動かしています。
「何してんの?」





「ふうせんカズラのタネを取ってんの!」・・・ハート型のかわいい種を取りだす作業に夢中になっていたんですね。
2学期が始まったよ!

 2学期が始まりましたね。

子どもたちはさっそく全力で遊んでいます!

新しいお友だちが9月から4人、交流で2人、来ます。

新入園の子は4人。

 満3歳児と年少さん。

 始業式で園長先生にみんなに紹介されました。

 「お名前は?」

 「何組ですか?」

・・の問いにバッチシ答えてくれました。

すごい!

 これからどうぞよろしくね。

「新しいお友だちを紹介します。」(9月から入園してきた満3歳児と年少児)インタビューに答えてくれました!
かぶとむしのたまごがうまれたよ!

 夏休みが始まってもう1週間が過ぎました。

 子どもたちが飼っていたかぶと虫は夏休みが入った時に逃がしてやりました。

 死ぬまでずっと閉じ込めておくのはちょっとかわいそうなので・・・

 ・・・でも逃がしたあとのケースをよーく見てみると・・・


 ありました!!

 かぶと虫の卵が。

 しかも、もう幼虫になったものもいました。

 夏期保育の時に子どもたちにみせてあげようと思います!

 2学期から今度はこの小さな幼虫を育てていきます!

・・・うまくいくかな?

             2010・7・30

今年は早めに成虫になりました。





毎日観察。「最近よく食べるね。」





触ってみることも大事。「ちがうよ、もっと優しく、短い角を持つんだよ!」子どもどうしで注意し合います。




夏休みに入ってから逃がしてやりました。飼育ケースの中には卵と、もう幼虫が!!子どもたちと育てていこうと思っています。
年中組夕涼み会

 1学期が終わりました。
しばらく幼稚園のお友だちとは会えませんが・・

 終了日の夕方、年中組さんは夕涼み会がありました。

 夕方お家の人と幼稚園にやってきた子どもたちは、浴衣や甚平を着て夏らしい姿でとても素敵です。

 すぐにお楽しみコーナーで楽しく過ごしました。

 お楽しみコーナーはお祭りの夜店のようなもの。

 自分たちで作った的あて

 ヨーヨーコーナー

 すいかコーナー

 手づくりうちわ

 があり、ワクワク、ドキドキ!

残念ながら写真がなく、その楽しい様子が見せられないのが残念です。

 その後、みんなで集まったところでキャンプファイヤーに火がつきました。

 園長先生が火を見ながら

 「神様は人間にだけ火を使うことを許してくれました。」

・・・とお話してくれました。

次はクライマックスの花火!

子どもたちからは大きな歓声が上がっていました!

楽しい夜になりましたね。

 今度集まるのは夏期保育の時だね。

 それまで元気でね。


             2010・7・20

浴衣などの夏らしい姿のこどもたち




キャンプファイヤーを囲んで園長先生がお話をしてくれました。「神様は人間にだけ火を使うことを許してくれました・・・。」・・・そしてお祈り。




花火が始まった!!




子どもたちから歓声が!




打ち上げ花火に見入る子どもたち。楽しい夜でしたね。









年少組わくわくデー

 夏休み前の7月16日、年少組さんは楽しいイベントがありました。

 わくわくデーです。

 当日までに子どもたちは・・

 お化け退治のお化けを作ったり・・

 おさかな釣りのお魚を作ったり・・

 前日に当日食べるゼリーを作ったり・・


  していました。

 ・・・さて当日・・

 ホールに入るとそこは別世界!!

 いろんなコーナーがあってなんだかお祭りみたい!

 それぞれのコーナーをたっぷり楽しんだ子どもたちでした。

 その後は・・・

 前日にみんなで作ったゼリーをおいしくいただきました。

 楽しかったね。

 夏休み前の楽しいひと時でした。


             2010・7・16

前日、子どもたちはゼリーを作っていました。(うーん楽しみ!)




おばけ退治コーナー。さくらんぼ組さんも頑張ってました。




ここはおさかな釣りコーナー。「やったー!釣れた!」




じゃんけんコーナー。もちろんカニさんはチョキしか出せません(笑)じゃんけんに勝つとステキなものがもらえます。




楽しんだ後はみんなで作ったゼリーを「いただきまーす!」









サマーキャンプ(年長組)

 7月8日・9日、年長組はサマーキャンプに行ってきました。

 場所は大地沢青少年センター。

 ・・・このキャンプに向けて子どもたちは、たっぷりの時間をかけて準備をしてきました。

 その最初が5月末の下見遠足です。

 その下見から・・・

 「もう一度行きたいね。」

 ・・から始まり・・

 「みんなでお泊りしたい!」

・・となるような話し合いが始まります。

 私たち教師はこう考えています。
 
 ただ子どもたちをキャンプに連れて行くのは簡単。でも一人ひとり、みんなが「行きたい!」という気持ちになって行くことはとても難しい・・・と。

 この「行きたい!」という気持ちになって行くことを大事にしているのです。受け身ではなく自分から「行きたい、楽しみたい」という姿勢で臨むことは同じことをしてもその子にとって全然中身が違ってくると・・・。

 
 そのために時間をかけてきました。

・・それでも朝

「行きたくないよー!」と泣く子もいました。

 それほど親元を離れるということは子どもにとって大きな冒険になるのですね。

 ・・・でもさふらんのサマーキャンプは・・

  楽しくない訳がない!!

 「やっぱり行ってよかった」

と思ってくれることを願って活動します。

・・案の上、帰ってきたときの子どもたちの充実した顔、顔、顔・・。

たったの2日間ですが、たしかにひとまわりもふたまわりも大きくなったような顔になって戻ってきました。

帰る前、捕まえたカニやカエルを逃がすことになった時、ある子が

 「カニさんカエルさんじゃあねまた会おうね。あーあ、帰んのヤダなー。」

 ・・と言ってました。

体調が悪く2名の欠席があったことがとても残念でしたが、思い出に残るすばらしい経験ができたと思います。


             2010・7・8−9

「大地沢に着いた−!」  歩いてセンターまで。




昼食は調理パン。気持ちいい木陰で。




「ターザンやりたかったんだー!たっのしー!」




じゃぶじゃぶ池にはおたまじゃくしやカエルがいました。




沢ではもちろん沢ガニさがし。最初は要領を得なかった子たちも段々上手になってきて、帰る頃には「カニ捕り名人!」




「見て!大きいでしょ!」この後本当に泡をブクブク出していました。




「ここが川の始まり、源流だよ。水の流れる音を聞いてごらん。と先生。山の静けさを感じた時間でした。




大ホールで思いきり遊びました。




すいかおばけ作り。みんなで決めた顔に作ります。




すいかの中身をいただきまーす!




たっぷり汗をかいた後のお風呂。しかもみんなと一緒に入るなんてサイコー!




夕飯。きれいに残さず食べた子がほとんどでした。




就寝前のひととき。このクラスでは絵本を読んでもらっていました。タイトルは「はじめてのキャンプ」




おやすみの前に記念写真。お休みポーズで。




朝5時半の子どもたち。早起きした子もいます。




ふとんの片付け。自分たちで頑張っていました。




朝の野外礼拝。体操もしました。




朝食。



お昼までゆっくり遊んだ後、お弁当を食べて、最後に大地沢の人にごあいさつをして帰ります。




礼拝

 さふらんでは毎週水曜日に礼拝を行っています。

 賛美歌を歌い・・

 お祈りをし・・・

 聖句を合唱し・・

 聖書のお話を聞きます。

 おいのりをすることも聖書のお話を聞くことも3〜4歳の子どもにはけっこうむずかしいものかもしれません。

 ここで学んでほしいのは・・

 感謝する心

 まわりの人を愛する心、大事にする心

 ・・・であったりしますが

 もちろんすぐにうまくはいきません。

 毎週毎週行うことで・・

 日々の中で感じていくことで・・

 心の中に吸収していってほしいですね。

 少なくとも、年長組になればお祈りも、お話を聞くことも上手になってきます。

 両方とも大事なことだと思います。
 


             2010・7・7

「手を組んで、目をつむって、心を静かにしてごらん。」そんな声かけから始まる年少のおいのり。




年中組の礼拝。先生から聖書のお話を聞きます。




おいのりをするってけっこう難しいことかもしれません・・・(年中)




礼拝では賛美歌(こどもさんびか)を歌います。(年長)




毎週行うことで少しずつ慣れて・・・年長組になればお話を聞くことも、お祈りをすることも、とても上手になります。(年長)







製作活動

 梅雨のジメジメした日には・・・

 お部屋で製作製作活動を。

 各学年でそれぞれの課題を頑張っていました。

 道具の使い方を知ったり・・・

 表現する楽しさをじっくり味わったり・・・

 またそれを取り組むことによって生まれる集中力をつけてほしいと願って指導しています。

 また子どもは全てが貴重な体験。

 きのこのエリンギを描いた年中組さんは・・・

 描いたあとでみんなで

 触って(割いて)・・・

 バターで炒めて・・・

 おいしく頂きました!!

 今まできのこが食べられなかったのに・・
 
この日から食べられるようになった子もいたそうです。

 


             2010・6・30

年長組はあじさいの観察画。「よく見て描いてごらん。」とアドバイスを受けます。




子どもは生まれながらにして芸術家・・個性を大事に、指導には細心の注意をはらい、いいところを褒めることを中心に・・・(年長)




「クレヨンと絵の具を使ってエリンギを描きました。(年中)




描いたあとは・・もちろん食べまーす!!「バターで炒めたよ!」(年中)。



年少組さんはハサミとクレヨンを使ってライオンのお面を作りました!(年少)




「ワタシたちもハサミを使ったよ!まだ2人だけのクラスだけど頑張ってまーす。もうすぐお友だちが入ってくるのが楽しみ!」(満3歳児クラス さくらんぼ組)



プール開き

 今日はプール開きがありました。

 朝から子どもたちはワクワク、そわそわ。

 もしプールの日であっても涼しすぎれば入ることはできません。


・・・でも・・・園に行くとちゃんと水も入っていたし、暑いので、今日は絶対入れるね!!


 年少組さんは小さいプール。

 先生がお湯を入れてくれているのであったかーいです!

 年中組さんは黄色い大きなプール。

 ワニさん歩きをしてみました。

 ・・これは泳ぎに至るまでのいい練習になるんだよね。

 年長組さんは自由に遊んだり・・・
 水かけっこをしたり・・・
 おはじきさがしをしたり・・・

 さっそくたっぷり遊びました。

 ところで年中組さんと年長組さんのプールの水の量を見てみてください。

 ずいぶん深さが違いますが・・

 学年や時期に合わせて、みんなが安全に、
 そして楽しめるように考えています。

 慣れてくるとだんだん深くなっていきます。

 明日も入れるといいね!

 


          2010・6・24

初めてのプールに大コーフン!!(年少)




「ワニさん歩きをしてみよう!」これ泳ぎの第一歩です。(年中)




「ヒヤー!冷たーい!!」(年長)




年長組さんはすみれプールも経験済なので余裕をもって楽しんでいます。












さなぎになった!!

 4月の終わり頃

 男の先生と運転手さんが

 カブトムシの幼虫を捕ってきてくれました。

 今、年長組のお部屋で飼っています。

 そのうちの何匹かがさなぎになりました。

 子どもたちは興味津々!


 ひとりの女の子が聞いてきました・・。

 「先生、カブト虫ってなんでさなぎになるの?」

 うーん、奥の深い、いい質問をするね。

 ほんとうになんでだろう??

 生き物の神秘・不思議さを・・・

      子どもと共有しました。


          2010・6・14

4月の終わりに男の先生たちがとってきました。




「へぇーこれがカブトムシになるんだー。」




6月半ば、さなぎになりはじめました。




「穴の中には幼虫やさなぎがいるよ。」












すみれプールで泳いだ!(年長)

 年長組になると、幼稚園のプールで泳ぐほかに・・・

 すみれ教室のプールで泳ぐことができます!!

 ご好意で、毎年3〜4回、利用させて頂いています。

 このプール、あったかーい!

 そして実はけっこう深い・・・。

 子どもだと平均的な身長の年長組さんがぎりぎり立てるくらいの深さ。

 最初は怖がっていた子どもたちも・・・

 自分の足が届く、と分ったら安心するようです。

 水に慣れて親しむことを目的に行っているこのすみれプール、夏が終わる頃にはますますプール遊び、水遊びが大好きになっていることでしょう。


          2010・6・4

こんな広ーいプールで思い切り泳げるなんて!




足バタの練習




腕で丸い洗面器を作って・・・顔の水つけの練習。これ大事です。




先生と一緒にプールの端まで泳いでみます。




自分で泳いでみたり・・先生と一緒に深いところに行ってみたり・・「プールって恐くない」って思えたよ!







ひつじ組・あひる組(未就園児クラス)で待ってます!

 5月の中旬から未就園児クラスのひつじ組、あひる組も始まりました。

 1歳から2歳のお子さんが約月1回のペースで幼稚園で遊んだり、お集りをして幼稚園の雰囲気を楽しんでいます。

 1年を通して幼稚園に通うことで集団生活のソフトランディングになります。

 慣れてくると、子どもたちだけでおあつまりができるようになります。

 お子さんもお母さんもお友だちができたりしてとても楽しそうです。

 専任の教師によるおあつまり後の活動もますます充実してきました。

 ・・まだ定員に少し余裕がありますので、よかったらぜひご入会くださいね。途中からでも大歓迎です!


          2010・6・1

お絵かきに挑戦




ねんどコーナーもありました




この日はスタンプで遊びました。ステキな傘ができた!




お母さんと一緒におあつまり。ペープサートを見たり、手遊びをしたり、わらび歌あそびをしたり、いろんなことをします。












頑張ってまーす。

 今回は日ごろのクラス活動、学年の活動をご紹介します。

 もちろん他にもいろんな活動をしていますので、またアップしますね。

          2010・5・28

貼り絵にチャレンジ。のりの使い方を教えてもらいます(年少)




のりをつけたら・・ペッタンコ!(年少)




音楽に合わせて踊りまーす(年少)




「ワニをふんづけないようにジャンプ!!」(年少)




年長組は外で元気に「元気モリモリ集会」




障害物競争(年長)




リレーも頑張るぞ!(年長)




雨の日は鉄棒の練習をしました。(年中)







歯科検診

 この日は歯医者さんが来てくれて、検診をしました。

 「はい、あーんと口をあけて。」

 「上手だね。」

 年少さんは初めてでしたが、泣く子もほとんどいず、みんなおりこうさんにしていました。

 検診の後、年長組さんがホールに集まり、歯医者さんにお話をしてもらいました。

 「虫歯ってどうしてできるか知ってる?」


 ・・・から始まって・・・

 「じゃ虫歯を作らないようにするにはどうすればいいと思う?」

 ・・・そんなことを教えてもらいました。

 歯を磨くだけじゃなくて・・

 甘いものを食べたままにしておかないこと、

・・・そんな大事なことを教えてもらいました。

          2010・5・27

「はい、あーんと口をあけて。」(年少)




泣く子はほとんどいませんでした。(年少)




「虫歯ってどうしてできるか知ってる?」歯医者さんがお話をしてくれました。(年長)



なかよしキラキラパーティー

 この日、年長組さんが年中組さんと年少組さん・さくらんぼ組さんのために歓迎の意味をこめてパーティーをしてくれました。

 それぞれペアになって、年長組さんが開いてくれます。

 パーティーの名前もそれぞれです。

 「なかよしキラキラパーティー」

 だったり・・

 「こじか・すみれパーティー」

 だったり。

 内容も子どもたちで相談して決めていきます。

 ゲームをするクラス・・

 歌を歌うクラス・・

 そしてそれぞれのクラスがパーティーのためにケーキを焼きました。

 ブラウニーズのおいしいケーキ!!

 年長組さんは準備で大忙しだったのですが、気持ちがこもっていてとても楽しそうでした。

 そして・・・

 招待してもらった子どもたちはとっても嬉しそう。

 これからいっぱい仲良くなれそうだね!


        2010・5・20

歓迎会でのゲーム。みんなで一緒にドロケイをしました。(年長・年中)




次は王様ゲーム。これも年長さんが考えました(年長・年中)




年長の子と年中の子がペアになって・・・




「年長組さんが作ってプレゼントしてくれたケーキ。おいしい!!」(年少)





遊んだ後は一緒にお弁当。食後は年長さんが作ってくれたケーキ!(年長・年中)




「仲良くなろうね」という気持ちをこめて歌を歌ってくれました。(年長・年中)


さふらんの食育

 今日は年中さんや年少組さんたちが自分たちのお部屋の前にきゅうりやなすの苗を植えていました。

 さふらんでは・・・

 これを子どもたちと一緒に


 育てて・・

 おいしくいただきたいと


 思っていまーす!

 
        2010・5・14

お部屋の前にきゅうりの苗を植えました。(年中)




「これから水をあげて育てるんだ!」(年中)




「私たちも!」(年中)




年少組の子どもたちもお部屋の前に植えました。












動物園へ行こうよ!(年長)

 5月7日、各学年に先駆けて年長組さんが多摩動物園に遠足に行ってきました。

 お弁当を食べる場所にリュックを置いて・・

 さあ出発!!

 まずはライオンバスに乗るよ!

 ライオンをすぐ目の前でみることができて大興奮!!

 ライオンが迫ってくるので、あとずさりしてしまう子も。

 「おっきい口だった!」

 「たてがみがすごかった!」

 存分に楽しむことができました。

 次はゾウ!

 記念写真を撮り終わった頃に・・・

 雨がポツリポツリ・・・。

 「ボク神様にお祈りしたから大丈夫。」と言った子が・・。

 そのとおりにしばらくすると雨がやんでくれました。

 お弁当も濡れずにすみ、涼しい木陰でゆっくり昼食をとることができました。

 他にキリン・シマウマ・チンパンジー

 中にはクマやサルなども見たクラスもありました。

 楽しい時間はあっと言う間でしたね。

 
        2010・5・7

「ライオンがすぐ近くにいる!!」迫力のライオンバス




「キリンってこんな模様してたんだー。」




雨が少し降ったけどお弁当の時は大丈夫だったよ。




「遠足で食べるお弁当は格別!」




シマウマだ!」







こいのぼりがあがった!!

 少し前から年長組さんのお部屋をのぞくとなにやら作っています。

 そうです。鯉のぼりです。

 さふらんでは話し合いをとても大事にするので、こういった活動には時間をかけて取り組みます。

 「こいのぼりを作る」ということが決まってから・・・

 「何で作る?」

 「大きさは?」

 「どんなこいのぼりにしよう?」

 一つひとつ話し合いながら子どもたちの意見をききながら進めていきます。

意見が分かれることもしばしば。

 また考えなきゃならないこともたくさん。

 でもこういった導入の時間がしっかりあればこそ、子どもたちは一生懸命、前向きに活動に取り組みます。

 協同作業もいっぱいあります。

 でも・・・

 それだけに完成した時の喜びは

  とても大きいのです!!

 
 自分たちで作った鯉のぼりが5月の青空に元気に泳ぐ姿を見て・・・

 子どもたちはどんなふうに感じたのでしょうね。

 
        2010・5・6

「すみれ組のこいのぼり、完成!」の声に「やったー!!の大歓声。抱き合う子も・・。年長組になって初めての協同作業でした。




「さあ、こいのぼりをあげよう!」年中・年少組さんたちも集まってきました。




「やったー!あがったよー!」興奮の瞬間。




「5月の青空に元気よく泳いでいました。」









初めてのお弁当

 今日は年少組さんと年中組さんが初めてのお弁当の日でした!

 朝から

 「今日お弁当持ってきたよ!」

 「今日お弁当食べるよ!」

 何人もの子どもたちが教えてくれました。

 とっても楽しみにしているみたいでした。

 お部屋では先生がお弁当のご用意のしかたを教えてあげていました。

 「まずコップを持ってきてテーブルに置きます。」

 「次にカバンからお弁当箱を出して・・・」

 初めての作業に子どもたちはちょっととまどいながらも・・・

 頑張ってお支度していました!

 そしてこの嬉しそうな表情!

みんなと一緒に食べるお弁当ってとーってもおいしいね!!

 しかもこれからもっとたっぷり幼稚園で遊べるぞ!

年長組は月初からお弁当なのでこれからはみんな一緒の降園時間になります。

 
        2010・4・30

お弁当のご用意のしかたを説明します。子どもたち、かなり興奮気味(笑)(年少)




「おいしい!」(年少)



みんな嬉しそうですね!(年少)




「ねぇ私のお弁当みて見て!!」おいしそうでしょ?(年少)









幼稚園だいぶ慣れたよ!

 入園式から早2週間が過ぎました。

 新しく入園してきた子どもたちは

  段々と幼稚園生活に慣れてきて・・

 緊張していた子も

  本来の元気さを取り戻しつつあります。

 雨の日も多かったこともあって

 お部屋でのクラス活動も充実しています。

 年少さんは

  粘土を体験してみたり・・

  みんなでクレヨンを描いてみたり・・

  パネルシアターを見せてもらったり・・

午前保育ながら充実して過ごしていました。

 いよいよ年中・年少組さんもお弁当が始まります。

 楽しみだね!



        2010・4・26

おあつまりにもだいぶ板についてきたようです。お帰りの様子。(年少)




クラス活動。「今日はクレヨンで絵を描いてみようね。」(年少)



真新しいクレヨンでお絵かき。お友だちが描く絵も気になります。(年少)




年中組さんの園内めぐりを年長組さんが手伝ってくれました。(年中)





「ここから水が出て水あそびができるからね。」(年中・年長)



2010.4.27更新
入園式

 4月9日、さふらん幼稚園では入園式が行われました。

 初登園してきた子どもたちの表情は様々・・・

 緊張している子
 普段通り元気いっぱいの子
 恥ずかしそうにしている子
 普段以上に興奮している子

 でもみんな目がキラキラしていました。

 2部に分かれて落ち着いた雰囲気の中で進みました。


 園長先生がお話の中で子どもたちにこう言いました。

 「さふらんでは お花もチャボもうさぎも先生たちも、みんなが来るのを楽しみに待っていました。

 ・・・でももう一人待っていた人がいます。

 それは神様です。神様は見えないけどみんなのことを待っていました。

 手を合わせて、目をつむってみてください。これから神様とお話をしたいと思います。これをおいのりといいます。」

・・そんなお話でした。

 そして先生たちの紹介をし・・・

 担任と仲良くなったしるしに握手をしました。

 どきどきの入園式だったかな?

 これから

  いつも元気でみんななかよく

   いーっぱい遊ぼうね!!



        2010・4・9

園長のあいさつ。「目をつむって手を合わせてごらん。神様とお話するよ。おいのりっていうのですよ。」




はじめての集団生活が始まります。



「仲良くなるためにあくしゅをしよう!」担任と一人ずつ握手を。




来週からここでみんなと過ごそうね。





今年は桜の下で記念撮影ができました。



卒業式

 この日年長組の子どもたちの卒業式がありました。

 「もうすぐ卒業式だね。」

 「・・でもそれまでまだまだ遊べるよ。」

なんてついこの間まで言ってたのに・・・。

 式では子どもたちは「さふらんのうた」を歌います。

 歌の歌詞の内容は子どもたちのこれまで過ごしてきた生活そのものです。

聞いていると胸がジーンとなります。

 この園で、みんな泣いたり、笑ったり、汗をかいたり協力し合ったり、感動したり、いろんなことを経験してきたんだね。

 そして「保育の証」を園長先生から一人一人に手渡されます。

 次に子どもたちによる「ことば」があります。

 これは子どもたちが考えて先生やお家の人に向けて言うものです。

お家の方々は泪涙です。

中には涙を流す子もいます。

式の後は園庭でクッキーと紅茶でホッとひといき。

 そして最後のおあつまりをお部屋でします。

 先生から最後のメッセージをもらったり・・・先生にみんなで花束をプレゼントしたり・・・

 お別れの時・・・
  
   さみしいから「さよなら」じゃなくて・・

 「じゃあ8月の同窓会でね!」

   というのが合言葉みたいになっていました。

 
じゃあ年長組の皆さん、8月の同窓会で会おうね!!





        2010・3・18

入園してきた頃はあんなに小さかった子どもたちがこんなに立派に成長しました。




一人ひとり「保育の証」が渡されます。



式後のひととき。「あー緊張した」



お部屋に戻って先生たちと最後のおあつまり。「先生、ありがとう」








お楽しみ給食(お店屋さんごっこ)

 朝から年長組さんがとっても忙しそうになにやら準備をしています。

 今日はお楽しみ給食!

 今日の給食は・・

  パン(ソーセージやレタスをサンド)
  牛乳
  バナナ
  チーズ
  ゼリー
  
 それに年長組さんが時間をかけて作った工作のおもちゃや飾り、置物などを一緒に・・・

 年長組さんがお店屋さんをやってくれました。

 年中・年少・さくらんぼ組の子たちは前の日に紙のお金と折り紙の財布を作って楽しみに待っていました。



 年長組さんのお店屋さんは大繁盛!!

 大忙し!!

  でも楽しい!!

 また年少組さんやさくらんぼ組さんには横についてあげて案内をしたり、お手伝いをしたりします。

 これがまたホントにやさしくしてあげるんですよ。

こういった楽しいイベントを通して子どもたちは縦の交流を深めていきます。



年長組さんホントにお疲れ様でした。



        2010・3・1

お店屋さんの準備。量もあってけっこう大変な作業。・・でもみんな夢中です!(年長)




ここはパン屋さん。紙のお金と交換です。(年中)



「バナナいかがですかー?」呼び込みの声掛けも上手です。(年中)



「これください
!」(年中)




「小さい子はボクが手伝ってあげるよー!。」(年長・さくらんぼ組



年長組さんが年少組の子の手をひいて案内しています。




「おいしいよ!」(年中)



マラソン頑張ってます!

 さふらんでは3学期に入ってから

 マラソン を頑張っています。

 寒い日が続いていましたが、

 そんな日でも

 マラソンすれば

 すぐ体がぽっかぽか!

 ・・でもマラソンって、ただ走るだけだし・・

 子どもは好きかな?って・・すぐ飽きるんじゃないかなって思っていましたが・・

 とんでもありません。

 走るって、それだけでとっても気持ちいいんですネ!

 時間を作っては担任と一緒にマラソンを続けていますが、走るたびにますます子どもたちはマラソンの楽しさを感じているようです。

 最初は自分のペースが分からなかった子どもたちも何度も走っているうちに分かるようになってきました。

 年中も年少もそれぞれの体力に応じた距離を走って楽しんでいます。

 

 ・・そのおかげかどうか・・・

 さふらんっ子は体調を崩す子が少ないです!


            2010・3・2

走る前の準備体操(年長)




園庭の周りをマラソン。(10周以上する子も!)(年長)



「走るって気持ちいいー!」(年少)



「寒くってもすぐ体があったかくなるんだね!」と言う子もいました。(年中)





第一回こままわし大会(年長)

 さふらんではこの前

 こままわし大会を行いました。

 初めてのことです。

 いやあ、こんなに盛り上がるとは!

 子どもたちは大会が近づくにつれて・・・

 「オレ絶対勝つ!」

 「メダルもらうんだ!」

 ・・そんな声が・・

 またひそかに、黙々と練習を重ねる女の子もいたりして・・・

 そして当日!

 予戦は5回、一度でも回せた子が準決勝に進出です。

 準決勝では上位8位まで入った子が決勝へ進出します。

 参加した子は全員に参加賞が贈られました。

 そして決勝戦!

 一番長く回せた子が金メダルです。

とにかくみんな夢中!

 真剣そのものでした。

 これを機会に練習に励む子がたくさんいました。

 自由参加のこの大会、たくさんの子どもが参加したとても楽しい時間となりました。

ちなみに年中・年少組の子どもたちの部も後日、行われました。

            2010.2.22

うまく回せたら準決勝に進出です。真剣そのもの!




参加することに意義あり!参加賞が園長先生から贈られます。



いざ準決勝戦!なんだかみんなカッコイイー!



上位の子の名前が書きだされます。「○●くんすごいなー!」





オリンピックにちなんで金・銀・銅のメダルが贈られました。
これを励みに一生懸命練習した子もいました。
この大会で普段目立たない子が脚光をあびたりもしました。楽しい時間でした。
年中・年少組さんの部は後日に行われました。

2010.2.17更新
生命の力ってすごい!(さふらんの食育)(年長)

 秋の深まったある日、年長の先生が言いました。

 「この前テレビで野菜の芯を土に植えると芽が出てくるってやってたんだけど、幼稚園の畑でやってみない?」

 ・・・で植えてみたのは

 ちんげん菜
 白菜
 ほうれん草
 ねぎ
 小松菜
 キャベツ

 ・・・のそれぞれの芯。

 「えーホントに芽が出てくるのー?」

 半信半疑の子どもたち。大人もそうでした。

  ところが・・・・

 しばらくすると・・・

 「芽が出てきたー!」

 成功したのは

 ちんげん菜
 白菜
 ねぎ
 小松菜

 うまくいかなかったのは・・・

 キャベツ
 ほうれん草

   でした。

 収穫した後は・・・

 子どもたちのリクエストで

 包丁で切って・・・

おいしいスープにしていただきました!!

もうひとつのクラス(年長)では、種から植えて育てていた大根がそろそろ収穫の時期がきた、ということで先生が

 「どうやって食べる?」

と聞いたところ、

 「つけもの」

 「スープ」

 「おでん」

 などの意見が出たそうです。

今回はスープにしておいしく食べて・・

 残りの大根はおでんパーティー!!

 楽しみ楽しみ

 それまで土の中で栄養をたっぷり吸っててね


            2010.2.17

ちんげん菜の芯を土に植えてしばらくすると芽が出てきました。10月ころのことです。




それがこーんなに大きくなったので収穫しまーす!



他にも白菜・ねぎなどの芯を植えてみるとほーらこんなに!!





包丁を使って刻むよ。




先生に使い方を教えてもらいます。



このクラスは大根。皮をむきます。



大根を輪切り。真剣です。



「大根は白い根っこだけじゃなくて葉っぱも食べられるって先生が言ってたよ。だからこれも刻んでスープに入れるんだ!」



「おいしいね!」「残りの大根はおでんパーティーで使います!」
小学校に行ってきました(年長)

 先日、年長組の子どもたちはさふらんから一番近い本町田小学校へ見学に行ってきました。

 招待してくれたのは1年生のお兄さんお姉さんでした。

 「なかよくなろうよのかい」が始まると、小学生たちはケン玉やおはじきなどの昔あそびを教えてくれました。

そして教室へ連れていってもらうと今度は自分たちの机に座らせてもらったり・・

 教科書を見せてもらったり・・

 ピアニカを吹かせてもらったり・・

 普段の学校での生活を見せてくれました。

 十分楽しかったうえに最後には・・・

 生活科室というところに連れていってもらい、そこで・・・

 プリンカップを使ったケン玉の工作をさせてもらいました。

 卒業を間近にひかえた年長組さんたち、小学校に行くことを期待に胸ふくらませていることでしょう。

でも中には不安に思っている子もいたようですが・・

 今日の訪問で「学校はやく行きたいな」って思えるといいですね。

本町田小の1年生のみなさん、先生方、貴重な時間を私たちのために割いてくださって本当にありがとうございました。

 
            2010.2.9

「なかよくなろうよのかい」に招待してもらいました。



1年生の教室で教科書を見せてもらいました。





「これはピアニカっていうんだよ。吹いてみてごらん。」




1年生が日ごろの生活を紹介してくれます。



最後に生活科室という所に連れていってもらって・・・



プリンカップを使ったケン玉を一緒に作ってくれました。

雪がつもった!

 先日、雪がふりましたね。

 子どもにとってこれは大事件!!

 確かにここ東京では、雪が降ったとしても年に数回、まして積る雪なんて1年に一度でも見ることができるかどうか・・・ですものね。

 さふらんでは園庭も、裏庭も、ぐちょぐちょのドロドロになるまで雪あそびを楽しんだ子どもたちでした。

 
            2010.2.4

「かわいいでしょ。」(年長)




「いっぱい作ったよ!」(年少)





「もう溶け始めてるんだよね。」




「雪合戦!!」(年長・年中)



たこつくり

 さふらんの子どもたちは毎年お正月を迎えると、たこつくりをします。

 主役は年長組さん。

 年長組さんはまず自分のたこを作ります。

 和紙を染めて・・・

 ハサミで切って・・・

 のりで形を作って・・・

 ひごをテープでとめて・・・

 横糸を結んで・・・

 糸巻きを結んで

      完成!!

 内容としては小学生向けくらい難しいものかもしれません。

 たしかに切ったり、貼ったりするのはみんな上手にできるのですが・・・

 「糸を結ぶ」

  ・・・これがなかなか難しいみたいなんです。

 だから最初の自分のたこつくりはけっこう時間がかかってしまう子がいました。

 「けっこうむずかしいな・・。」

 つぶやく子もいました。

 でも!君たちは後日年中組さんや年少組さんに教えてあげなければならないのだよ!!

 たしかにプレッシャーを感じている子もいたようですが・・・

実際に教え始めると・・・

 これがどうでしょう、みんなちゃんと頑張っているんですよ。

 ちゃんと教えているし、自分が難しいと感じている工程も自分なりに一生懸命にやってこなしてしまうんですよ。

 ほんとうに子どもの力ってすごい!!

 ってつくづく感じる場面なんです。

 さふらんの年中・年少組の子どもたちはみんな年長組さんにあこがれの気持ちを持っています。

 そのことを年長組さんは分かっているんでしょうね。

 それが「頑張んなきゃっ!」っていう気持ちにさせるのではないでしょうか?

 そして「作ってあげることができた」ということがまた自信にもなっていくんですね。

 そんな素敵な年長組さんを見て、

 今度は年中組さんが「こんな年長組さんになりたい」って思うのだと思います。


 今、年中組さんたちは年長組さんたちがやっている係(うさぎ係・チャボ係・ブランコ
係)の仕事を引き継いでいます。はりきっていますよー!

 さて年長組さん、後日こんどは年少組さんにもたこを教えてあげていました。

 今度は大部分を作ってあげていましたよ。
年少組さんですからね。

 それにしてもまたさらにたこつくりが上手になっていた年長組さんでした。おつかれさまでした。

 
            2010.1.26

「ここをまっすぐ切るんだよ!ボク持っててあげるから」(年長・年中)




「ひごをテープでとめるよ。」(年長・年中)」





やってあげるのではなく、お手伝いをする年長組さん




「やった!完成!自分のよりきれいにできたかも?」(年長・年中)




「この糸を結ぶところが一番難しいんだよね・・」(年長)





たこつくりを教えてくれたお兄さんと一緒にたこあげ!(年中)




「先生!見てっ!あがってるでしょ!!」(年中)




たこあげして遊んだ後は一緒にお弁当を。(年長・年中)




別の日・・今度は年少組・さくらんぼ組さんに教えてあげる年長組さんたち。


2010.1.18更新
さふらんのおもちつき・・・は本格的です!

 今日はさふらん幼稚園のおもちつきです。

 さふらんでは実際にかまどで蒸してしっかりついておもちにします。

 まず「かまど」を初めて見る子どもたちがたくさんいます。

 「おかまもこの中にあるのよ。」
                ・・・と先生が。

 「えっどこ?」・・・と子どもたちの声

 ちょっと分かりにくいかなぁ・・

 子どもたちはおもちをつく前にこのかまどの前でおもちの作り方を聞きます。

 そしてその時に、ふかしたてのほくほくもちごめを少し分けてもらいます。

「んーすごくおいしー!!」

  ・・と大騒ぎ!ホントにおいしいよね!

それから年長組さんは自分たちの部屋で、子ども用の臼と杵を使ってついていきます。

年中・年少・さくらんぼ組さんたちはホールで、大人がある程度ついたもちを交互についていきます。

さふらんにはおもちをつくときの歌があります。

   ♪さふらん幼稚園のおもちつき
     ぺったんこ
     ぺったんこ
     ぺったん
     ぺったん
     ぺったんこ ♪
   
   ♪つっついて
     つっついて
     つっつい
     つっつい
     つっついて ♪

  ♪ おっこねて
     おっこねて
     おっこね  
     おっこね
     おっこねて ♪

  ♪ しゃーんしゃーん
     しゃん
     しゃん
     しゃん ♪

 これを歌いながら、順番についていきます。

 そしてつき終わったら、お部屋で・・・

 さっそくいただっきまーす!

 用意してあったのは

 あんこ
 きなこ
 ごま
 しょうゆ
 だいこんおろし

 の5種類の味

 全て試してみた子もいましたよ!

 でも意外と人気があったのは「しょうゆ味」
うーん、さすが日本国の子どもだね。

 おもちが嫌いだった子もまだ食べたことがなかった子も、自分たちでつきあげたおもちをみんなで頂くことで、おいしく食べることができたようです。

 お正月のといえばやっぱりおもちつきだよね!!

 次回はたこ作りだよ!


            2010.1.14

「これがかまどですよ。おかまもあるのが分かる?」(年中)




蒸したてのもちごめを少し食べてみました。「すっごくおいしー!」





年長組は自分たちの部屋で子供用の臼と杵を使って・・・




年中・年少組はホールで頑張ってつきました!




「けっこう重いんだ・・・。」(年少)





さくらんぼ組(満3歳児)の子どもたちも頑張りました。




「きな粉・あんこ・ごま・しょうゆ、だいこんおろし、みーんなおいしい!」




お弁当と一緒に頂きまーす!(年中)
3学期 始業式

 
 8日から3学期が始まりました。

「アケマシテオメデトウゴザイマス。
  コトシモ ヨロシクオネガイシマス。」

 ・・・としっかり挨拶してくれる子がたくさーんいました。ちゃんとおじぎもセットで!

 子どもたちの元気な声、元気な顔を久しぶりに見られて、私たち教師も元気がたくさんわいてきました!!

 学期の始まりは、全園児がホールに集まって始業式をします。

 その時に園長先生が、年末のクリスマスの時に集めた献金の送り先からのお礼の手紙を読んでくれました。

 自分がためていたおこずかいを献金に捧げてくれた子もいたので、きっと嬉しい報告だったでしょう。

 それから今度は先生たちがいろんなお正月あそびを紹介してくれました。

 その一つがお手玉。

 一人でするいろんなお手玉の芸をみせてくれました。

 また二人でするものもあり、実際にやってみせてくれました。

 その次はまりつき。

 「♪あんたがたどこさ♪」と歌いながら、足をくぐらせたりしながらやってくれました。

 「すっごーい!!」

 子どもたちの目がきらきら輝いていました。

 次は竹馬。

 幼稚園で遊べるように用意してあるので、これから園庭で楽しみたいと思います。

竹馬はバランス感覚を養うのにとてもいい教材でもあります。

そしてコマ!

 さふらんの子どもたちは大好きです。

 中でもベーゴマはちょっとむずかしめであこがれでもあります。

 そんなベーゴマをとっても上手に回す子が年長の男の子でいましたので、みんなの前で披露してもらいました。

 ベーゴマどうしを戦わせるととっても楽しいんですよねー!

 これからこういったあそびを存分に楽しみたいと思っています。

 さふらんの1月は・・・

   「もちつき」

   もあるし・・・

  「たこ作り」もあります!

 楽しみがいっぱい!!


            2010.1.8

昨年末のクリスマス献金の送り先からお礼の手紙が・・。




先生たちがお手玉を披露してくれました。





「二人でするお手玉もあるんだよ。」




次はまりつき。わらべ唄をうたいながら。




年長のRくんがベーゴマの回し方を披露してくれました。




竹馬。「やってみたーい!」「でも難しいみたいだよ。」






2009.12.21更新
さふらんのクリスマス

 
さふらん幼稚園のクリスマスがやってきました。

2日間に分けて、年少さん・さくらんぼ組さんは、独自で、年中・年長組さんはペアになって行いました。

子どもたちが入場した時・・・

 いつもの雰囲気と違い、ホールの中は暗く・・・

 ホールの前を見上げるとクリスマスツリーがあり、たくさんのローソクの火が灯っています。

「きれい・・」

思わず声を出してしまうのは子どもたちだけではありません。

初めてさふらんのクリスマスツリーを見たお家の方もそうおっしゃいます。

そして真中には見慣れたクランツがあり、そこにはローソクが4本立っています。

 「クリスマスが来たんだ!」

・・・そう実感する時です。

・・そしてクリスマス礼拝が始まりました。

子どもたちが持ってきてくれた献金を奉げたら、年中・年長の会では、鶴川教会の瀬戸牧師がお話と祈祷をしてくださいました。

 ・・・そして、そして・・・

 子どもたちが待ちに待った・・

 クリスマスページェント(聖誕劇)

  の始まりです!

 この日のために子どもたちは・・

   考え・・
   話し合い・・
   一生懸命練習してきました。

毎日練習してきたのですが・・・

 少しずつ、少しずつ

 よりいい劇になってきたのです。

 今日はその集大成。

たくさんのお家の方の前で・・

 きっと緊張した子もたくさんいたはずなのですが・・・

 みんな自分なりにせいいっぱい頑張っていました!

歌ったり・・・

演技をしたり・・・

子どもたちで行うミュージカルであります。

ホント子どもたちが頑張っている姿って、こうも感動を誘うものなんですね。

4回のうちどの会も胸がジーンとさせられました。

さふらんではこのページェントは演劇発表会ではなく・・

 お家の人もみんなで一緒にクリスマスをお祝いする会・・という思いでやっているので

 お家の方が歌う場面もあり・・

 最後は会場のみんなで「諸人こぞりて」を歌います。

さてこのクリスマスページェントが終わったら子どもたちはお家の人とそれぞれのお部屋へ移動します。

 そしてプレゼント交換会!

 ・・・とはいっても実は子どもも、お家の人も内緒でプレゼントを用意していたのです。

だからもうお互いびっくり!!?


時間をかけて作ったプレゼントをお家の人にあげるときの

 誇らしげな表情がとっても印象的でした。

 プレゼント交換が終わったら・・・

 外でティーパーティー!

 すこし寒かったけど開放的な青空の元、今日の充実した時間の嬉しさを実感する、さふらんの子どもたちでした・・。

 そしてこの日、また一段と成長した子どもたち・・・でした。



            2009・12・17‐18

ツリーにローソクの灯りがともり礼拝が始まります。




クランツには4本のローソクが・・。そして牧師先生がお話しをしてくれました。




ページェント(聖誕劇)マリアとヨセフが宿屋をさがす場面(年長)




天使の軍勢がやってきて賛美します。(年中・年長)




動物たちもお祝いに!(年中)



博士たちが登場。たった一人、堂々と歌う姿に感動します。(年長)




最後は会場のみんなと「諸人こぞりて」を歌いました。



お家の人とプレゼント交換(年少)




「うわあ!お母さんにプレゼントもらっちゃった!わたしからのも気に入ってくれた?」(年少)




その後はお外でティーパーティー(年少)


大根は大人の味!?

 
 年少もも組の前にある畑の大根が大きくなってきました。

 「もう食べごろだよ。」

 ・・・と教えてもらったので今日さっそく抜いてみました。

 みんなで力をあわせて・・
 
 「うんとこしょ!」

 「やったー抜けたー!」

 夏の終わり、ほんの小さな青い色の種だったのが・・・

 ここまで大きくなって・・言葉にできない感動があります。


 さて、このクラスでは

 「たくさんできたからおとなりのクラスにもあげよう。」

 ・・ということに前から話し合っていたようでした。やさしいね。

 ・・・でどうやって食べたかというと・・・

 塩もみにしました。

 少しおすそ分けを頂いたのですが・・・

 部位にもよるのでしょうか、けっこう辛い!

 まさに大根らしい大人の味。

 ・・これ・・この子たち食べられるかなぁ?

 そんな心配がよぎったのですが・・

 全然心配する必要はありませんでした!

 「おいしい!」

 「おかわりください!」

 お弁当の時間にフタに入れてもらった大根をおいしそうに食べること!

 このクラスでは全員が食べ、おかわりもして、完食しました。

 自分たちが育てた大根だから、「食べたい」という気持ちが自然に出るんでしょうね。

 ・・おすそ分けを頂いたクラスでもほとんどの子が食べたそうです。


 これでみんな大根が大好きになったね。


             2009・12.16

大根を収穫。力を合わせて「うんとこしょ!」(年少)



「見て!こんなに大きくなってたよ!」




袋に入れて塩もみします。「おいしくなったかなぁ?」



「おいしい!」



「何回もおかわりしたよ!」
僕たちのクラスはかぶ!(さふらんの食育)

 
 最近食べることの報告が多いこの「さふらんの日々」ですが・・

 今回は年中こぐま組の「かぶ」です。

 「(おおきなかぶ)の絵本みたいに大きくなるといいね。」・・と夢はふくらみます。

 種を植えたのは8月の夏期保育の日。

 ・・・それが・・・

 だんだん大きくなってきて・・・

 ついに収穫と相成りました!

 収穫するときのこの喜びってなんでしょう?

 私たち大人でもわくわくするものですが、子どもたちはきっともっと大きなものが胸にわいてくるのでしょうね。

 自由遊びの時間に水やりをしたり・・

 活動時間の合間にみんなと観察したり・・

 こういったことがとても楽しくなり・・

 また収穫できておいしかったりすると・・

 「今度はこれ作ってみたい!あれ作ってみたい!」

 ・・・となり・・・

 今ではいろんなクラスがいろんな植物を育てています。

 またご紹介しますが・・・

 面白いですよ。

 お楽しみに!
             2009・11.26

8月の終わりにかぶの種を植えました。(年中こぐま組)



これは大根の種。小さい穴を掘って植えました。(年少もも組)




9月・・だんだん大きくなってきました。間引きもしなくちゃ。



これは大根。



11月・・こんなに大きくなったよ!



大根もこんなに立派に!・・でももうちょっとかな?



やった!収穫!「なにして食べる?」子どもたち一番の関心事



塩もみにして食べました。おいしかった。・・「実はねまだ半分残ってるんだ!今度はスープがいいな。」(年中こぐま組)

ついに落花生が!(さふらん幼稚園の食育)

 1学期に蒔いた年長ゆり組の落花生がやっと実りました。

 葉は夏の間も元気で子どもたちも水やりを頑張っていたのですが・・・

 実が見えない・・・・

 「どれくらい大きくなったかな?」

 想像するしかありませんでした。

 収穫時期が10月末頃という情報だけを
頼りに・・・担任も初めての栽培なので・・

 子どもたちと掘ってみると・・・

 「あー!あった!いっぱい出てきた!」

 よかった。実ってました。
 

「へぇーこんなふうになるんだー!」

 においをかいで・・

 「ピーナッツのにおいだー!しかも強い!」

触ってみて・・

 「けっこう硬いね!」

 子どもも先生も一緒になって驚いています。

 なんせ初体験ですから・・。

 そして試食。

 生落花生は塩ゆでが一番おいしいとのことなので、さっそくやってみました。

 子どもたち、ちょっと苦労しながらむき、おいしそうに食べていました。

 「あーおいしかった!先生、今度何作る?」


             2009・11.09

楽しみにしていた落花生の収穫。おそるおそる引き抜きます(年長)




実ってるかどうか不安だったけど・・見て!





「こんなふうに実るんだー!知らなかった。」と子どもも先生も。




しおゆでが一番おいしい・・とのことで。時間かかりました。




「皮かたくてむきにくい!」「生だからよ!」「おいしい!ピーナッツの味がする!」







絵本がいーっぱい!(めぐみ文庫)


 さふらん幼稚園には絵本がたくさんあります。

 ホールの舞台にもいっぱいあるのですが、それぞれのお部屋にもたくさん置いてあります。

 その数はちょっとした図書館なみです。

 この絵本は「めぐみ文庫」といいます。

25年ほど前、血液の病気で在園中に亡くなっためぐみちゃんというお子さんのお父さん・お母さんから毎年頂いていた心温まる寄付によって作られました。

 その絵本を図書部のお母さんたちがずっと手入れをしたり買い足したりして守ってきてくれました。

 子どもたちは、毎週自分で選んだ絵本を持ち帰ります。

 お家で読んでもらったり、自分で読んだりして、次の週に返して・・・そしてまた借りて帰ります。

 またお昼ごはんを食べた後、食べ終わった子から食休みとして絵本を読んで待つことになっています。

 もちろんお集まりやお帰りの時に先生に毎日読んでもらっています。

 このようにさふらん子は絵本に親しんで過ごしています。

 絵本の世界にたっぷり親しんで、豊かな心の持ち主になってほしいですね。


             2009・10・7

「どれにしようかな?」毎週自分で選んで借りて帰ります。




年長組さんは図書カードを自分で記入します。(年長)




年中・年少組さんたちは先生に記入してもらいます(年少)




昼食後のひと時。どの学年も食べ終わった子から絵本を読んで待ちます。(年中)
さふらん幼稚園の誕生会


 さふらん幼稚園では毎月、学年ごとに誕生会をしています。

 今週は9月生まれのお友だちの誕生会がありました。

まず誕生日の子どもたちにインタビュー。

 「何組ですか?」
 「お名前は?」
 「何歳になりましたか?」

 元気に答える子、ちょっぴり恥ずかしそうに答える子、いろいろですがみんな嬉しそうです。

そして賛美歌を歌ったら、園長先生がお祈りをしてくれます。

それから今度はおうちの人にインタビュー。

年長さんは「お子さんの名前の由来」

年中組さんは「お子さんのいいところは?」

年少組さんは「生まれたときどんなお子さんでしたか?」

・・・そんなことを聞きます。

年長組さんは

 「そーか、○○くんの名前はそんな意味があったんだ・・。」

 「いい名前だね!」

 そんな会話が聞こえてきます。

次に先生から誕生カードのプレゼントがあります。

・・・そしてその次は・・・

 いつもは先生たちによる劇のプレゼント。

 でも今月の年中組はなんとさふらん幼稚園コーラス部のみなさんがやってきてくれて歌のプレゼントをしてくれました。

 ホントに素敵な歌のプレゼントをもらって子どもたちは大興奮・・でした!

 そしてそして・・・・


 子どもたちがもしかしたら一番楽しみにしているかもしれない・・・

    カレーパーティー!

 「なんでさふらんカレーはこんなにおいしいんだろう?」

 子どもたちはよく言います。

 台所でカレーを作ってくれる先生たちは

「愛情がいっぱい入ってるからよ!」

・・と言いますが・・

ママが作ってくれるカレーも愛情はいっぱい入ってるはず・・・。

・・・ではなぜ??

・・たぶんね、お友だちみんなで食べるからなんじゃないかな。



             2009.9.18

賛美歌を歌って園長先生とお祈りをします。(年長)




おうちの人にインタビュー。「名前の由来は?」(年長)




9月の年中組の誕生会はコーラス部のお母さんたちが歌のプレゼントをくれました。子どもたち大興奮!(年中)




担任の先生から誕生カードのプレゼント(年長)




そして子どもたちの一番のお楽しみ?カレーパーティー



「おいしー!」

同窓会(小1・小4・中1)


 8月22日、とても暑い日でしたが

さふらん幼稚園では同窓会がありました。


 同窓会に集まったのは

 小学1年生

 小学4年生

 中学1年生

 ・・の子どもたちです。


 午前・午後合わせて180名の子どもたちがやってきました!


 午前中は小学1年生が、午後には小4と中1の子たちがやってきました。


小1の子たちは半年ぶりの幼稚園。


慣れ親しんだ園庭でさっそくドッジボールやドロケイをして走りまわっていました。


 午後は小学4年生と中学1年生です。


小学4年生になると顔つきもずいぶん変わってきますね。子ども、というより少年・少女といったほうがしっくりきます。


あーずいぶんしっかりしてきたなーと驚く場面もあれば、しぐさや行動を見て「変わってないな」と微笑ましくなる場面もありました。


中学生にもなるとこの子だれだったっけ?と名前を聞かないと分からないくらい大人っぽくなっている子が何人も!



立派に力強く成長している卒業生に会うことができて私たち教師は本当に嬉しかったです!元気をいっぱいもらいました。ありがとう!


そしてまたそれぞれの節目で再会しましょうね。

             2009.8.25

久しぶりの園庭でドッジボールをしました!(小1)




おやつを食べながら談笑。それぞれ違う学校に行っててもお互い顔を見ればすぐこのとおり!(小1)




先生とも積もるお話を・・(小1)




午後には小学4年生もやってきました!みんな背が伸びたね!!




こちらは中学1年生。こんなに大人っぽくなって戻ってきました!お母さんになった先生たちと一緒に。



カプラがいっぱい!!



 先日のことですが、カプラという積み木を扱ってるトムテのおじさんがなんとカプラをたくさーん持って来てくれました。


 その数ったら・・・カプラの箱を数えるだけで20箱以上!


 ホールに集まってきたこどもたち、それを見たとたん目がキラキラ・・


 思い思いにカプラを重ねていく子どもたちです。


その集中力がすごかった・・。


トムテのおじさんも言ってました。


「さふらんの子たちは黙々と遊んでるね。集中してるんだね。いいことだね。」


 カプラはさふらん幼稚園にももちろんあるのですが、もっとたくさんあれば、もっと楽しくあそべるのになぁ・・。  ねぇ園長先生!


 「いいですよ!近いうちにもっと買い足しましょう。」


 ですって! 楽しみ!


             2009.5.26

トムテのおじさんがなにか作ってるよ。なんだろう?



大勢ホールに集まってきました。



もしかして逆立ちしてる?!



みんなではらぺこあおむし作ったよー!



すごい!キリンだ!



イモムシ見つけた!



 さふらん幼稚園は外見には団地の中にあるコンクリートに囲まれた感じのする園ですが・・・


 中に入ってみると実は自然がいっぱいある緑豊かな園です。


 歓声が聞こえるので行ってみたら・・・


 子どもたちがイモムシを発見していました。


 興味津々の顔です。

            


             2009.5.28

イモムシみーつけた!



あれっ? まがった!



歩いてる!!






まきの先生の体育遊び(年中組)

 年中組さんにとって今年度初めての
 
 「まきの先生の体育遊び」

 の日です。今日は各クラス40分ほど、ホールで行なわれました。

 今日は初めてということもあってとにかく楽しく体を動かして遊びました。

 まずはたくさん敷いてあるマットの上に乗って・・・

 「このマットはね、チーズです。みんなはネズミだよ。だからこのチーズを食べてください。先生は猫です。みんなを追いかけるから捕まえられないでね!」

 そんな声かけでスタート。子どもたちはまきの先生に捕まるもんかとマットの上を必死に逃げます。

 マットには少し隙間があり、そこでジャンプしたり走りまわったりしています。・・・下半身の俊敏性を養うそうですが、子どもたちは、とにかく「楽しい!」

 つぎはボールの投げ方。・・でもボールは新聞を丸めたもの・・・。ネットはホールの白版・・ちなみにまきの先生は色んな身近なものを遊び道具に変えてしまう名人です。(前回はスリッッパを使ってました!)

 その次はフワフワの布を使って楽しく遊びました。

 最後は恒例の「ポキポキ体操」をして終わりました。どれも子どもたちが夢中になって楽しめるメニューで、夢中になって遊んでいるうちに必要な運動をしている・・というのがまきの先生の体育遊びのいいところなのです。

 「あー楽しかった。」
 「まきの先生、また来てね。」・・このこと

 5月末には年長組の参観日で「まきの先生の体育遊び」が行なわれる予定です。

まきの先生はさふらん幼稚園の姉妹園「武蔵野中央幼稚園・武蔵野中央第2幼稚園」の2園の体育の先生で、体育指導においてその豊富な経験と、考え抜かれた工夫がとても評判な人です。
 さふらん幼稚園では学年別の指導の他に、にこにこサタデー「土曜開放」でも学期に1回、まきの先生の体育あそびを行なっています。

             2009.5.8

「だれも捕まらなかったね。みんなの勝ちー!」「やったー」



「ボールを投げる時はね、耳の後ろから上へ突き出すんだよ。そうすると遠くへ飛ぶよ。」



チームに分かれて投げあいっこだー!


テラコッタ粘土(卒業記念制作)

 
 もう1ヶ月くらい前の話ですが、年長組さんが卒業の記念に、テラコッタ粘土を作りました。土色をした粘土をこねこねして思い思いの作品を作っていました。

 お皿
 文具を置くプレート
 小物入れ
 

 などなどいろんな作品ができました。
 中には「○○のへや」と文字を浮き彫りにした自分のお部屋のドアに飾るプレートを作った子もいました。

 ・・そして風通しのいい場所で乾かして約1ヶ月。


 十分乾いたのを確認してからいよいよ窯に入れて焼きます。

 専用のバーナーを使って高温で焼くこと3時間・・・


 窯の中が赤く焼けてきました。


 子どもたちの作品も赤く透きとおるように見えるくらい焼けました。

 そしてそのまま冷ますこと一晩・・・


 次の日には焼きあがった作品が完成です。

 
 焼く前とはまず色が違います。

 焼く前は白っぽかった作品がキツネ色になっています。

 また焼く前は軽く叩くと「コンコン」という音がしていたのが・・・

 焼きあがると・・・「キンキン」という金属的な音になります。


 焼き上げるとかなり丈夫な器に仕上がります。


 この思い入れのある作品、子どもたちはきっとずっと大事にしていくんでしょうね。


           2009.3.3

「へぇー窯の中ってこうなってんだー。」(年長)



焼き始め。鉄のフタをするのは熱くなってから。



強い火力で3時間もするとこんなに赤く焼きあがります。



次の日。「色が変わってる!」「たたくとキンキンする!」



教会へ

 
 今日年長組さんは市内の薬師台にある鶴川教会へ行ってきました。
 
 毎週、いつもならホールで行なっている礼拝を 今日はいつもお世話になっている瀬戸牧師がいらっしゃる鶴川教会で行ないました。

 
 礼拝堂の中に入っていくと、目の前には大きなステンドグラスが!

 お日様に透かされて色とりどりに輝いています。

 後ろの方の席には自由参加のお家の方たちも。

 この鶴川教会、さふらん幼稚園とは縁があるんです。

 さふらん幼稚園の創立者松本頼仁は牧師でもあったのですが、この鶴川教会で説教をしていたこともあったのです。

 「この教会というところはね・・・。」

 瀬戸先生は子どもにもわかりやすい言葉でお話ししてくれます。

 「神さまとお話しする所なんだよ。
  心を静かにして・・・
  手を合わせて・・
  そして神さまに話しかけるんだよ。」

 今月の聖句に合わせて、今日は「よきサマリア人」のお話をしてくれました。

 子どもたちにも「隣人を自分のように愛しなさい。」という聖句の意味が分かったようです。

 初めて教会を訪れる、という子が多かった子どもたちですが、今までたくさんの聖書の話を聞いてきて、卒業する前にこのように教会に訪れることができたのはいい経験になったと思います。

 
           2009.2.16

「初めて来る教会にドキドキ!牧師先生が出迎えてくださいました。


「教会は神さまとお話しする所なんだよ。」と教えてもらいました。



お家の方も一緒に礼拝しました。(自由参加)



係の仕事の引継ぎ

 
 1月から始まった子どもたちによる係の仕事の引継ぎ。

 

 さふらん幼稚園では係の仕事は3つあります。


  うさぎ係

  ちゃぼ係

  ぶらんこ係


 年長組はもうすぐ卒業するので、今度年長組になる年中組に引き継いでいきます。


 毎日3〜4人ずつ、それぞれ年長組さんから年中組さんへ引き継いでいきます。


 人に教えるってとても勉強になりますよね。


 きっと年長組さんたち、同じようなことを感じているのではないでしょうか?


 そしてやる気満々の年中組さんたち。


 「今度はボクたちワタシたちが年長組!」・・・という気持ちがとても強くあるみたいで、何だか頼もしい、かっこいい感じです!


           2009.2.6

「ブランコの外し方、やってみせるからよく見ててね。」(年長・年中)


「重いから気をつけてね。」



「そうじもしなきゃいけないし、けっこう大変だな・・・。」



「水入れは外がわも洗ってね。」


交通安全講習(年長組)

 
 年長組さんはもうあと2ヶ月ちょっとしたら小学1年生です。

 ランドセルをしょって小学校へ通う姿を想像するとなんだか涙が・・・と感傷に浸る前に、その通学の安全の為の講習会がありました。

 町田署からおまわりさんと婦警さんが来て、安全のためのお話しと、実際に外の交差点での歩き方を教えてくれました。

 「とんとん 止まれ」

 「右みて 左みて

 また右みて 安全ならわたる」

 これを何度も繰り返し言うことでしっかり覚えてほしい、ということでしょう。
 
 交差点では子どもたちの

「とんとんとまれ!」
 
 の声が響いていました。

 ヤングミセスのお母さん、ご協力をありがとうございました。


              2009.1.19

「信号の青がチカチカし始めたら渡ってはいけませんよ。」



「とんとん 止まれ!」
「右見て左見てまた右見て」
「手をあげて渡るよ。」


お母さんたちのサークル活動

 
 さ
ふらんにはお母さんたちによるサークルがいくつもあります。

 それぞれ当HPの「さふらん幼稚園の特色」に紹介させていただいています。

 園の子どもたちと触れ合う機会が増えるこういったサークル活動ですが、皆さんそれをとても楽しんでいらっしゃる様子が伺えます。

 中にはかけもちしてお忙しくしていらっしゃるお母さんも・・。

 今回は活動の一部しかご紹介できなくてすみませんが、こうやってお家の方々の愛情をたっぷり受けて、さふらんの子どもたちはすくすく育ってます。

 お家の方々の大きな、あったかいご支援をずっと変わらずいただいているのも「さふらん幼稚園の特色」のひとつではないでしょうか。


           2008.12.2

昼食後、子どもたちに紙ヒコーキの作り方を教えてくれました。・・・おしゃべりの会




ステキな劇でした。兄姉・弟妹まで参加!見ごたえのある楽しい劇でした。・・・図書部


いもほりの引率と記念撮影「はいチーズ!」・・・写真係


春にはきれいな花が・・・ありがとうございました!・・・ガーデニングボランティア


いつもステキな歌を聞かせてくれてありがとう!・・・コーラス部






「北極のクマを助けてあげて!」エコバッグ入れと手紙を子どもたちにプレゼントしてくれました。・・・いずみ会



ボクたちサッカー大好き!

 さふらんで人気のある遊びの中のひとつにサッカーがあります。

 子ども用のサッカーゴールを用意したら、すぐにサッカー大好きっ子たちが集まってきます。

 青チームと黄チームに分かれたらまず「よろしくお願いしまーす!」とごあいさつ。

 すぐに子どもたちどうしでだれがキーパーをするのか話し合って試合開始。

 4月からずっとやっているせいか、子どもたちの動き、はっきり言ってすごいんです!
 
 上手に相手をかわしてドリブルする子、ドリブルをカットしてボールを奪う子、ただひたすらボールを追いかけるのではなく、転がってきそうな所でちゃんと待っている子、パスができる子、恐がりもせずボールにむかって飛びついていくキーパーの子、上手な子を見て学んでいくから、みんなすごいんです。

 見ていてすばらしいなと思うのは、本当に日に日に上達しているのが目に見えることですね。好きなこと、楽しいことは特に一生けんめいやっていく中で自分の中にどんどん吸収していくんですね。

 そして協力し合う大切さや、喜びも学んでいってくれているようです。

 今、年長組の子どもたちを中心にこんなふうにサッカーを楽しんでいます。


            2008.10.31

試合開始。「よろしくお願いしまーす!」と握手


だんだん白熱してきます!


ハーフタイム時の作戦会議。地面に描いて作戦練ってます。


この動き!このスピード感!・・・うーん将来が楽しみ

いろはにこんぺいとう

 
 女の子を中心に流行ってるあそびをひとつご紹介。
 
 「いろはにこんぺいとう」といって必要なものはなわとび2つだけ。

 「いろはにこんぺいとう、上、下、真ん中どっち?」のかけ声でなわとびを持つ子は好きな高さで止めます。

 後ろを向いた子がそれぞれ「上!」「下!」「真ん中!」などと決めます。
 
 自分が決めたところを通れればOK!通れなければ、なわとび持ちを交代します。


 年長組ともなると、子どもたちだけで遊びがどんどん発展していきます。

 自由遊びのこういった時間は、とても大事ですよね。どんどん社会性を身につけていってます。
 
 またお集りのあと、先生を含めたクラスでの活動もますます充実してきました。

 ちなみに今、年長組ではチームを組んで楽器を演奏したり、劇をやったり、ペープサートをやったりしています。
 ここでは先生も含めた相談や話し合いがいっぱいされていて、みんなで何かを作り上げる楽しさや難しさを学んでいる最中です。
           2008.10.17

「いろはにこんぺいとう、上、下、真ん中どっち?!」


「えー真ん中通れなーい!」「上は楽勝ね!」


「うーん。上はジャンプするしかないかな?(年長組)

2008.9.26更新
どんぐり笛

 さふらんの園庭ではどんぐり(まてばしいの実)がコロコロと転がる季節になりました。
 ・・・そこで今、子どもたちの間で流行っていることは・・・

そうです。どんぐり笛作りなんです。

どんぐりの先を削って・・・

中身をほじくり出し・・・

穴を唇に沿わせて吹くと

ピー!!ととても大きないい音が鳴ります。

 単純な遊びなんですが、子どもにとって、とてもいい教材なんです。
 先を削る作業も、釘で中身をほじる作業も、吹いて音を出すことも、手と頭を使わないとうまくいきません。根気も必要になります。
 いつの間にかたくさんの子どもたちが集まってきて、夢中になってほじほじしていました。
            2008.9.26

 コンクリにこすりつけて先を削り・・・・

 くぎで中身をほじほじ・・・けっこうムズカシイ。


 職場体験の中学生たちと一緒に、夢中になってます。
木のパズル

 さふらん幼稚園のホールには楽しく遊べる木のおもちゃがいっぱいあります。
 その中でも特に子どもたちに人気があるのが「パズル」です。
 年少の子も、年中さんも年長さんも年齢を問わずみんな大好きでよくやってます。
 いっしょうけんめい頭を使って頑張っている姿はとてもほほえましいですね。
 頭を使うし、手先を使うし、自分のペースでできて、完成した時の達成感もあって、だからみんな好きなんでしょうね。               
       2008.7.16





「この形、ぴったり!」



「うーん・・・」
みんなだいすき!リトミック

 今日は年少さんはリトミックをしました。
 子どもたちがとっても楽しみにしているカリキュラムの一つです。
 今日はまずピアノの曲に合わせて歩いていきます。曲が速いと速く歩き、ゆっくりの時はゆっくり大またで歩きます。そして飛行機に変身したり、うさぎさんや、ぞうさん、ミツバチになって跳ねたり走ったり・・リトミックの先生の声を聞いていろんな動きをしていきます。
 次に先生はフープを持ってきました。「ピアノ(曲)が終わったらフープに入るんだよ。」・・その次は「今度は黄色と緑のフープに入ってね。」とフープを使った遊びだけでもいろんなあそびが進んでいきます。
 休憩がてら座りながら歌を歌ったり、先生がする手拍子のリズムに子どもたちが同じように追いかけたり、約20分の間にいろんなことをします。
 「リトミックには、リズムに合わせた動きだけでなく、表現する力や想像力や創造力、集中力も必要とする総合的なカリキュラムですね。」
 とリトミック担当の教師が言っていました。
 「子どもたちとのやりとり(かけあい)がすごく楽しいんですよ。だからリトミックには「人の話を聞く」という集中力も自然に養われていきます。」 
 ・・・うーんたしかに。
 それにしても子どもたちがすごく楽しんでやっていることがすばらしいなと思いますね。

                     2008.6.24












ピアノの曲に合わせて自由に動いてみよう!

先生の話をよく聞くことが大事です。

リズムよくフープを跳べるかな?